顔の手入れ

肌を美しく

化粧水

化粧水は、数が多いのでどの製品を利用したらいいのかわからないということも多いです。もし、肌が敏感だという場合や乾燥肌がひどいという場合、特に選ぶのが慎重になります。肌が敏感な人の場合、様々な成分に過敏に反応し、さらに肌の状態が悪くなってしまうということがあります。赤みがでることやかゆみ、ヒリヒリする等の痛みを感じた場合はなんらかの成分が肌に刺激となっているということがあるので注意が必要です。肌に優しい製品を使いたいと思っている場合は、無添加の製品を使うことが最適です。しかし、無添加という記載は実際に明確な基準があるわけではありません。メーカーによって様々な解釈があるので中の成分表を確認していくことが大切です。なお、現在の基準では厚生労働省が指定したアレルギーが発症する可能性のある成分が配合されていないという意味で使うことが多いです。しかし、中には指定された成分が含まれているものも無添加の表示がある製品もあるので、注意して成分の内容を確認していくことが大切です。

化粧水を選ぶ際には、肌質から選んでいくことも大切です。人によって乾燥肌や敏感肌、脂性肌や混合肌等様々な種類があります。混合肌の場合、場所によって肌の状態が大きく変わることがあるので、その場所の肌質に合わせてケアを変えることが必要になります。なお、いずれの肌質にしても保湿を行うということは非常に重要なことになります。水分をしっかりと閉じ込めることにより、肌のトラブルを改善させていくことが出来ます。保湿に非常に有効な成分がセラミドです。セラミドは細胞間をつなぐ役割があるもので、セラミドが不足すると細胞と細胞の間に隙間ができ、肌の水分がどんどん失われて乾燥肌の原因につながります。バリア昨日の低下も引き起こすので、ちょっとした刺激にも肌が反応し、敏感肌になります。

化粧水の成分

保湿

化粧水には様々な成分が含まれています。含まれている成分によっては、それが刺激となることもあるので中の成分をしっかりと確認してから利用することが大切です。また、保湿に非常に有効な成分がセラミドです。

詳細を確認する...

合成成分と天然成分

女性

無添加の化粧水は、アレルギーが出る危険性がある成分を含んでいないという意味で使われることもあります。なお、天然成分と記載されていても人によってはアレルギーを起こすことがあるので注意が必要です。

詳細を確認する...

状態に合わせて

顔の手入れ

脂性肌や混合肌という人の場合、乾燥が激しい所を中心に様々なケアを行っていくことが必要になります。無添加の化粧水を使って、乾燥している所とそうでないところでケアを変えていきましょう。

詳細を確認する...